バリ旅行② 2013.MAY

朝食後、部屋に戻る前にホテル内を散策してみました。

ホテルの色々な場所を見ていると、日本を離れてインドネシアに来たんだな~と実感できて嬉しく、装飾や家具などもリゾート気分を盛り上げてくれて、このホテルを選んで本当に良かったと思いました。

ビーチとプールで遊ぶ

この日は、午前午後ともに、ホテルのビーチとプールで遊びます。

庭に沢山のリスがいて、ホテルの宿泊客の男性がピーナツをくれたので、餌やりに挑戦してみました。

娘は、はじめは恐る恐る手を伸ばし、リスが食べようとした瞬間に怖くて手を引っ込めてしまうので、なかなかピーナツをあげることができませんでしたが、私が「噛まないから大丈夫だよ。」と何度か言ううちに、ちゃんとあげられるようになりました。

庭を抜けると、ホテルのプライベートビーチに出ます。

バリの中でも、クタ周辺のビーチはあまりきれいでなく、物売りも多くてがちゃがちゃした雰囲気ですが、ヌサドゥア地区は海の青さもきれいで、砂浜も白いです。

朝一番ということもあって、ビーチを独り占めできました。

娘は、パパと一緒に足を波に浸しに行って、波が打ち寄せるたびに「キャー!」と大騒ぎ。

大波が来ると二人で「ウェ~イ!」と言うのが楽しかったようで、ずっと繰り返し楽しんでいました。

プールもいくつもあって、子ども用のプールは深さもちょうど良い感じです。

お昼は、プールサイドのカフェでピザとパスタを食べました。

日焼けが大好きな夫は、食事中でさえ太陽光線を求めて、なるべく日陰にならない椅子に座りかえたりして「これが俺の求める日差しだ~!」と喜んでいました。

食後は、一旦部屋でお昼寝をしてから、再びプールへ。

5月はオフシーズンなのか、ビーチだけでなくプールも人がいなくて貸切状態でした。

もう一度ビーチに行ってみたところ、午後の方が日差しが強いせいか、海の青さが一段と増していてキレイでした。

プールも、午前中よりぬるく感じました。

夫も娘も、1日目にしてバリが大好きになり、「バリ最高だね~!」「ずっとここにいたいね~!」と言っていました。