輸入洗面化粧台を選ぶ

お気に入りの一品に出会うまで

ネットで「輸入洗面化粧台」と検索すると、色々な商品が出てきます。

私は、アンティーク風なものが好きですが、重厚感やゴージャス感がありすぎるのは分不相応なので欲しいとは思いません。

あくまで、雰囲気が味わえれば良いので、装飾も控えめで十分。

サイズは幅90㎝以下で、なるべく鏡が大きくて、洗面ボウルの横に物を置くスペースがあるもの、収納もあればなお良しで、予算10万円以下で見つけたいと思い、ひたすら探しました。

mkクリエーション

mkクリエーションのサイトで、気に入った商品が3つあったので、練馬にあるショールームに行って現物を見ることに。

ショールームでは、実際の商品を目にしたら、「欲しい!」という気持ちが強くなり、メジャーであちこちのサイズを測ったり、写真を撮りました。

でも、お店の人にお話を聞くと、mkクリエーションでは商品の販売のみで施工は行っていないとのことでした。

勿論、住んでる地域の施工業者を紹介してくれるのですが、頼みたい工務店などがある場合はそちらにお願いすることも可能なわけです。

ですから、私は、自宅を建てた工務店に相談することにして、商品情報や施工に必要な図面を頂いて帰りました。

そして、後日、工務店の方に下見に来てもらったのですが、1週間後に頂いたお返事は「輸入洗面化粧台は配管が異なり、うちの職人では未経験なので、工事を引き受けることができない。」というものでした。

その時は、ショックでとても残念な気持ちになりましたが、何故か「すぐ次の手を!」と前向きに考えず、一旦保留にすることにしました。

きっとそれは、洗面化粧台の見た目やサイズは希望に叶っていたけれど、収納が少なすぎる点が引っかかっていたからだと思います。

オバラ住設

1週間から10日位、洗面化粧台探しは一切せずに、それ以外の買い物をしていましたが、ある日もう一度検索してみようと思い立って見つけたのが、オバラ住設です。

ご縁としか思えないのですが、会社が自宅から自転車で行ける近さにあり、気に入った商品の価格が驚くほど低かったので、パソコンに向かって「キャー!」と喜びの声をあげてしまいました。

私は、思い立ったら即行動する性格ですが、この時もすぐ会社を訪ねました。

そこはショールームではなく、商品の現物は見られませんでしたが、社長の小原さんがいらっしゃって、色々とお話を聞くことができました。

そして、オバラ住設も商品販売のみで施工はしていないものの、ご近所のよしみということで、小原社長が下見に来てくださることになったのです。

商品は2つで迷いましたが、下の写真の商品は在庫切れで入荷まで2か月位要するとのことでしたし、収納の多さも考えると、我が家には上の写真の商品がぴったりだと思い、そちらを購入することに決めました。

 

工事してもらえますように!と願いながら、下見の日を楽しみに待ちます。