懐かしの手作りグッズ

●白雪姫の衣装

私と夫の不要になった洋服で作りました。白い襟が立ち上がるように作ったのがポイントです。

●スマイルプリキュアのキュアビューティの衣装

当時は水色が大好きで、洋服だけでなく食器まで水色でコーディネートするのが定番でした。裁縫が得意な友人が作ってくれた、水色のスカートが何よりのお気に入りでよく着ていました。

●ドキドキプリキュアのキュアソードの衣装

 

プリキュアが大好きだった数年間は、この衣装を着てあちこちのプリキュアショーに出かけていました。

このときは、ラベンダー色が大ブームで、何を選ぶにもラベンダー色や紫でした。夫は子供の頃から紫が好きだったようですが、私は魔女とか悪役の色というイメージしかなく、大人になるまで紫は嫌いでしたので、娘がなぜ好きなのか不思議でした。

●ハピネスチャージプリキュアのキュアラブリーの衣装

衣装とお人形をセットで作りました。段々と体が大きくなってきて、ハギレが沢山必要になりましたが、お店で売っている衣装より好きだと言ってくれるのが嬉しくて、つい作ってしまいました。

●ぐでたまのリュックサック

年長児のときから、サンリオのぐでたまに夢中になりました。千葉から多摩のサンリオピューロランドは遠いのですが、ぐでたまに会いに何度も行きました。

入学のときは、文具すべてをぐでたまで揃え、ぐでたまといえばお友達みんなが娘を思い浮かべるほどだったのに、今ではその熱もどこへやら。

●入園グッズ

入園当初は、まだ文字が読めないので、お友達との持ち物の区別がつくように、オリジナルのマークを全てにつけるように言われ、私は娘の顔をマークにしました。

一目でわかるし、お友達みんなにかわいいと褒められて喜んでいました。

●入学グッズ

ピーターラビットと、バービーの生地を使ってほしいとのリクエストで作りました。

 

この先、手作りで娘の物を作ることはもうないだろうと思いますが、振り返ると懐かしいし、楽しかった思い出が蘇ります。

私が幼稚園や小学校で使っていた手提げ袋や上履き入れなどを、母が捨てずにずっととっておいた気持ちもよく分かるし、おそらく私も同じなんだろうなと思います。