砂壁を塗るのも楽しい

久々の壁塗り

自宅の和室やリビングに珪藻土を塗ってから、だいぶ日も経っていたので、コテを使った壁塗りは久しぶりです。

でも、塗るときの快感をもう一度味わいたくて、砂壁を楽しみにしていました。

初めて壁に塗った感想は、「珪藻土より重くて、のびにくい」

私が水加減が分からず、水の分量が3~3.5ℓと表記してあって、3ℓで練ったので、それでのびにくかったのかもしれないのですが。

でも、独特のざらつきというか粘り気みたいなのは、珪藻土にはなかったので「これが砂壁なんだ~」と、また一つ経験値を積めたことを嬉しく思いました。

娘も、珪藻土を2回塗った経験から、砂壁もとても上手です。

休憩をとりながら塗ったのですが、娘が「日本地図みたいになってる!」と気づいて、思いがけない産物を写真におさめました。

1袋ずつ水練りをして、壁に塗って、その面積も自宅と比べると3倍位あったので、相当スピードを出して塗りましたが、なかなか終わりません。

大好きなMIYAVIのBGMもないし、「あ~音楽聴きたい」と思いましたが、娘がいっぱい手伝ってくれて助かりました。

完成!

2日間、合計13時間かけて、6畳の和室全体に砂壁を塗りました。

before

after

before

after

before

after

before

after

母がとても喜んでくれて、私も娘も嬉しかったし、益々壁塗りが好きになりました。

畳と障子を新しくした後の和室が楽しみです。