七五三

今日11月15日は、七五三です。

私の娘は8歳なので、もう七五三のお祝いは終わっていますが、懐かしい写真を集めてみました。

3歳のお祝い(2013年)

2回写真撮影をしました。

まだ2歳8か月だったので、当日は抱っこすることになるだろうと思って、10月中に写真館へ行って、前もって和服姿の撮影をしておいたのです。

私は、着物の好きな母親と祖母の影響で、なにかというと着物を着るし、夫にも着てもらって家族全員が和服というのをポリシーにしているのですが、夫は、海外の民族衣装と同様に興味がないので、いつも渋々です。

ちょうど姪の7歳のお祝いと同じタイミングだったのと、義弟の両親がフランスから遊びに来ていたので、七五三当日は、皆で一緒に千葉神社にお詣りして、家族総勢13人で記念写真を撮りました。

7歳のお祝い(2015年)

7歳のお祝いといっても、まだ5歳8か月だったので、5歳のお祝いという感じでしたが、娘が着たのは、私と妹と姪と娘自身がお宮参りで着た掛け着です。

↑ 千葉神社でお詣り。

☆私のお宮参りの写真~1974年☆

☆姪のお宮参りの写真~2007年☆

☆娘のお宮参りの写真~2010年☆

7歳のお祝い(2017年)

本当は、7歳のお祝いのときに、私と妹が七五三で着た振袖を着せたかったのですが、小柄な娘には無理だったので、ならば本当の7歳のお誕生日に着よう!ということで、バースデー当日に振袖を着て写真撮影をしました。

この緑色の振袖は、私と母と祖母が3人で一目ぼれした着物です。

私は、子どもながらに「なんて豪華で素敵なんだろう!この着物を着られるなんて幸せ!」と気分が高まったのを覚えていますし、本裁ちといって、大人用に作られているため、成人後も妹と2人で何度も着ました。

☆私の七五三の写真~1979年☆

☆友人の結婚式での振袖姿☆

↑ 1997年7月7日。

↑ 1999年5月31日。

↑ 2001年4月22日。

また、振袖は本来未婚女性が着るものですが、既婚女性が着たからといって、法律違反になるわけではないし、私は着物のなかで振袖が一番好きなので、結婚後も着ています。

そして、2009年の、姪の3歳祝いのときには、私たち姉妹が7歳と3歳で着た着物を、妹と姪で着てお祝いしました。

↑ 30年の時を経て、このようなかたちでお祝い着として活用できて、喜びもひとしおでした。

↑ 姪は、私の夫が大好きで、このときも気づけばひっついていました。

雨風の強い大荒れの天気のなか、皆で「つれづれ」という和食レストランに行ってお祝いしたのですが、その当時私のお腹には娘がいて、ものすごい食欲だったことを覚えています。

おまけ

私の妹が3歳のお祝いに着た着物を、娘が着たのは、2014年の祖母の米寿祝いのときで、4歳8か月でした。

従妹同士で、七五三の姉妹みたくて、可愛らしかったです。

姪の7歳のお祝い着は、2016年の娘の卒園式で袴として着させてもらいました。

私の友人のお子さんが過去に着た袴をお借りしたのですが、友人のお母さま手縫いの深い緑色が素敵で、姪の水色の着物とも合って、良い思い出になりました。

次に娘が着物に袖を通すのは、十三詣りのときでしょうか。

物心ついたときから、着物が身近にあったので、娘も和服が好きですし、これからも色々な機会に着てほしいなと思います。

血液型が判明

昨日、血液検査の結果が出て、娘の血液型がAB型と分かりました。

夫婦共に「たぶんAB型だよね。」と予想はしていましたが、自分と同じ血液型ということで、夫は大喜び!

娘も「一番マイナーなAB型だったら嬉しいし、RHマイナスのAB型だったら最高!」と言っていたので、RHプラスだったことは残念がっていましたが、AB型だったことは、とても喜んでいました。

私はB型で、O型の父以外は母も妹も弟もB型、夫の家族も、義父だけA型で、義母も義兄もB型なので、B型が多い家系なのですが、夫と娘がAB型ということで、私たち3人の中ではB型は私だけ。

でも、私は自分がB型なのが大好きだし、子どものころから、自分はB型以外の何者でもないと思っていました。

ですから、娘がずっと「血液型を知りたい!」「AB型がいい!」と言っていた気持ちもよく分かるし、望んでいた結果が出て、私も嬉しく思います。

いわゆる血液型占いなどは、あまり詳しくないけど、これからは当たっているかどうかも参考になるし、楽しみが増えました。