幼稚園のときの運動会

●年少のとき

入園して初めての運動会。

楽しそうに走る姿を見て、涙が出そうになった記憶があります。

親子競技で、ケーキを作りました。

ポンポンを使ったダンスは可愛かったです。

親子ダンスはそっちのけで、お友達と追いかけっこしていました。

●年中のとき

走る距離が少しのびました。

なにか言いながら走っているな~と思って見ていたら、後日友人が撮ったビデオを見たときに「わたし、負けないんだからね~!」と言っていて、家族みんなで大爆笑でした。

玉入れは、小柄な娘には難しいけど、楽しかったようです。

親子競技では、宝さがしをしました。

親子ダンス。年少のときと違って、年中のときは一緒に踊ってくれました。

●年長のとき

年長児は、出る種目も一番多くなりました。

障害走。

パラシュート体操。

親子競技は、帽子とり。

紅白リレー。

最後の親子ダンス。

金メダルのご褒美。

思い返すと、幼稚園と小学校の運動会は全然違いました。

幼稚園のときは、勝ち負けとは程遠いもので、どの競技もほのぼのとしていて、親子で楽しむ時間もたっぷりでした。

小規模な幼稚園だったので、朝早くからの応援席の場所取りもなかったし、どこからでも子どもの姿がよく見えて良かったです。

それに比べると、小学校は校庭も広いし、6学年全部の人数も多いし、我が子を探すのも一苦労。写真なんて、一眼レフなどがない限り、人物が遠くて小さいものしか撮れません。

でも、高学年の競技などは見応えもあるし、真剣に勝負する姿には感動すら覚えます。娘も来年は4年生で、だんだんと高度な種目に挑戦するようになるのでしょうから、それを楽しみにしたいと思います。