マリンスタジアムの思い出

 

私はミーハーです。10代の頃から、好きになった有名人に自分の存在を知ってもらうために色々やりました。

例えば、昨日マリンスタジアムに行ったとき、かつて新庄剛志さんに夢中になっていたことを懐かしく思い出したのですが、阪神からメジャーに行って、日本に戻って日ハムの選手として活躍していた頃、大ファンでした。

何度も札幌ドームに行きましたし、マリンスタジアムにも頻繁に行っていました。

そして、どうにかしてサインをゲットするため、マリンスタジアムで入り待ちをして、新庄さんがタクシーから降りた瞬間に、「新庄さ~ん!私、サインが欲しくて2時間待ってたの!だからサインちょうだい!」と大声で叫んだところ、一直線に私の元へ向かって来てくれて、一番最初にサインをくれました。

間近で見た新庄さんのオーラがすごかったことは今でもよく覚えているし、サインしてもらったうちわもずっと大事に使っています。

 

他にも、全国で100名しか当選しないSHINJOバスタオルをゲットするために、夫にGUNZE「ボディワイルド」の下着を履かせたり、応募ハガキにもいやというほど自分アピールをしたことがあります。

そして見事に手に入れたバスタオルを、オリジナルに加工してマリンスタジアムへ持って行き、試合前にグラウンドにいた新庄さんに広げて見せて「見て見て~!」と叫んだら、そのときも「お~!」と言って、いいねのサムズアップをしてくれて、とても嬉しかったです。

 

※おまけ①

ロッテのボビーバレンタイン監督にサインをもらっているところ。 ↓

 

※おまけ②

日ハムのヒルマン監督と。 ↓

 

※おまけ③

プロ野球選手で一番最初にサインをもらったのは、当時ジャイアンツのエースピッチャーだった斎藤雅樹さんです。

お正月のイベントで、佐倉のジャスコに来たとき、誰よりも早く並んでいたら、お店の人が「花束贈呈をしませんか?」と言ってくださり、夢心地でお花を渡しました。

握手してもらった手が、とても大きくてグローブみたいだったことと、そのイベントのことを「月刊ジャイアンツ」という雑誌に投稿したら、大きく掲載されたことが良い思い出です。