外壁屋根塗装工事3

壁・下塗り

外壁は、下塗り→中塗り→上塗りと、合計3回塗ります。まずは、下塗りから。

下塗りの色はホワイトでした。一時期なものではありますが、自分の家が真っ白になってイメージが変わりました。色でこんなに印象が変わるものなんだなとびっくりでした。

その他の下地処理、下塗り、上塗り

↑ 軒天 下塗り

↑ 軒天 上塗り

↑ 付帯部 下塗り

↑ 付帯部 上塗り

↑ 鉄部下地処理(ケレン)

↑ 鉄部 下塗り

↑ 鉄部 上塗り

↑ 雨どい

↑ ポーチライト

壁・中塗り

下塗り、中塗りとあっという間に作業は進みました。

実は、この度の塗装工事で、親子で一部だけで良いから壁塗りの体験をさせてもらいたいと思っていました。

私たち親子は、自宅の内装の壁にペンキや珪藻土を塗った経験がとても楽しかったので、外壁に自分たちでペンキを塗れたら、心に残る思い出になると思ったのです。

そして、曽我部社長をはじめとして、職人の松川さん、松本さん、杉本さん、どの方も親しみやすかったので、厚かましいとは思いつつ曽我部社長にお願いしてみました。

すると返事は「いいですよ、良い思い出になりますね。」とのこと。

ただ、私がお願いしたタイミングは、既に上塗りも終わろうとしていた時だったので、思い出になる反面、目立つ場所が素人仕上げになるのは避けたいところです。

ですから、狭い範囲を塗らせてもらって、何かあればプロの松川さんが手直し出来るようにやらせてもらうことにしました。

私ももちろん嬉しかったのですが、娘は特に、何度もお目にかかるうちにすっかり曽我部社長のファンになり、優しい職人さんにも日々構ってもらって「雅ってイケメン揃いの会社だね。」なんて言っていたので、「早く壁塗りしたい!」と大喜びでした。