グアム旅行② 2011.JUN

夕方からは、タモン地区から少し離れたハガッニャというところへ出かけました。

まずは、ラッテ・ストーンという、150㎝くらいのキノコみたいな形をした石柱を見に行ったのですが、何の目的で作られたか明確でないミステリアスな遺跡だそうで、実際に見ても謎めいていました。

でも、ラッテ・ストーン公園には、蚊が沢山飛んでいたので、サッと見て終わりにして、隣のスペイン広場に行って遊びました。

↑ ハガッニャ大聖堂。

↑ スペイン広場は、広々とした芝生の公園で、気持ち良かったです。

それから、水曜と金曜限定のナイトマーケットが開かれるというチャモロビレッジへ向かいました。

そこでは、現地の人が沢山集まって、バーベキューをしたり、雑貨の露店が出たり、ギター演奏やフラダンスショーが見られたりして、娘と姪はフラダンスショーに夢中になっていました。

屋台で買ったチャモロ料理も美味しく、ココナツジュースを飲んだときは、汁がなくなったあとにココナツの実を醤油につけて頂いたのですが、イカの刺身のような味で驚きました。

↑ 夫はこういうものには一切口をつけません。

↑ 娘は好きな味だったのか、暑くて喉が渇いていたのか、ごくごくと飲んでいました。

↑ 姪も、ココナツの実を美味しいと言って、パクパク食べました。

夜までたっぷり遊んで、ホテルに帰り、シャワーを浴びたら、娘の肌が日焼けで真っ黒になっていて笑えましたが、吸収肌なので仕方ありません。

↑ コネクティングルームなので、姪はこちらの部屋が気になって、度々のぞいていて可愛かったです。

翌日は、エッグベネディクトを朝食に頂きました。

とろっとしたタマゴと濃厚なソースが美味しくて、お腹いっぱいになりました。

朝食後は、またリーフホテルのプールへ。

↑ こんなに景色の良いプールは初めてだったので、自分たちのホテルのプールが工事中で本当にラッキーでした。

リーフホテルには、プール以外にもジャグジーがあって、娘はそのジャグジーで足を滑らせて、どぼんと顔を水につけてしまったのですが、そのときの茫然自失といった表情は今でも覚えていて、思い出す度にクスっと笑ってしまいます。

昼食は、マックでテイクアウトし、マックが嫌いな夫は1人で「横綱」に出掛けました。

そして、お昼寝をしてから、午後はDFSなどでお買い物をしました。

↑ ハードロックカフェで。9年前と同じ写真を撮りました。

グアムでは、お店や街中で出会う人が皆親切で、娘を可愛がってくれて、子連れ旅行がしやすいなと感じました。

初めての子連れ旅行で、病気や事故にも気をつけなければと気を張っていたので、現地の人たちの温かさや笑顔がとてもありがたかったです。