原宿で遊ぶ

私の娘が今一番大好きな場所は、原宿です。

まだ8歳なのに、ファッション、雑貨、コスメなどに興味があって、少し年上の女の子が読む雑誌に夢中になっていて、毎月パパにおねだりして買ってもらっては隅々まで熟読。

ハマるととことん追求する性格のため、雑誌に書いてある殆どの情報を吸収して、商品知識のみならず、モデルの名前、生年月日、血液型まで頭に入っています。

ですから、そんな娘にとって、原宿は、雑誌の世界が現実に広がる夢のような場所であり、何度も行きたい魅力的なところなのです。

そして、これまでは金づるのパパと二人で出かけていたのですが、一度私と二人きりで行きたいとのことで、昨日遊びに行ってきました。

↑ 竹下通りに到着。

信号待ちをしていたら、リアルマリオカートに遭遇しました。

昨年、東京タワーの近くで初めて見て、夫に教えてもらったのですが、なかなか面白い光景で、皆さん楽しそうでした。

レ・シャイナー

12時から遊んだので、まずは一目散にレインボーチーズサンドのお店へ行きましたが、既に大行列。

周りの人の多くは、レインボーチーズドッグを注文していましたが、私は前回一口しか食べられなかったので、チーズサンドを頼みました。

↑ 30分待って、やっとレインボーチーズサンドを手に入れました。

↑ 「ママ、上手く撮影してね!」と言われて気合いをいれ、

↑ なかなか上手に撮れました。

↑ 体に悪そうなチーズの色だけど、2回目もやっぱり美味しかったです。

お買い物

お腹がいっぱいになったあとは、娘のお目当てのファッションのお店へ。

私は夫とは違って、あれこれ何でも買ってあげることはできないので、娘は一生懸命この日のためにお小遣いを貯め、限られたお金をどう使うか真剣に考えました。

そして、手頃な値段で、自分の好みが反映されているものや、学用品として愛用できるものなどを見つけ、納得いく買い物ができたようでした。

哺乳瓶ソーダ

買い物が済むと、喉が渇いたので、原宿電気商会へ。

哺乳瓶ソーダというものに挑戦して、水色のキャップに、ピンク色のイチゴミルクを選んだら、娘の洋服のコーディネートにぴったり合いました。

↑ 狙ったわけではないけど、牛乳瓶のイヤリングとも合って、結果トータルコーディネート!

↑ 電球ソーダもかわいかったけど、哺乳瓶の容器もかわいくて、その日の竹下通りは、哺乳瓶ソーダを飲みながら歩く人を多く見かけました。

↑ 娘の好きな雑誌モデルが紹介していた「映え壁」を発見したので、写真を撮りました。

LINE FRIENDS

それから、LINEのスタンプのキャラクターグッズを集めたお店へ。

入口に、くまのブラウンの巨大なお人形があって、店内は若い女の子で溢れかえっていました。

私は、このスタンプをそこまで気に入っていなくて、これまで一度も使ったことがなかったのですが、ショップを見たらすっかり心を奪われてしまい、グッズまで買う始末。

娘は、髪の毛を結ぶヘアゴムを買いました。

それから、また竹下通りに戻って、コスメのお店を散策。

実際に買いはしないけど、娘は、パッケージのかわいいコスメを色々と見るのがとても楽しいようです。

↑ 牛乳パックのような容器にクリームが入っているとかで、「これ欲しい~!」と騒いでいましたが、高価だし、全く必要のない年齢なので諦めてもらいました。

レインボークレープ

15時のおやつには、「トッティ・キャンディ・ファクトリー」で、レインボークレープを食べました。

ここの綿菓子は何度も食べたので、今回はクレープに挑戦。

↑ カウンター越しに作る様子を見ましたが、カラフルな見た目がかわいくて「早く食べたい!」と思いました。

↑ 甘いクリームたっぷりで、まわりがサクサク&中がモチモチのクレープ生地も美味しかったので、ぺろっと平らげました。

最後は、タレントの生写真ショップで、大好きな竹内涼真の写真をゲットして、終了。

私は、人混みが嫌いだし、ファッション的にも原宿にはときめかないけど、娘と一緒に楽しい時間を過ごせて、大満足の休日となりました。