夏のおでかけ~伊豆 2015②

2日目の午前中は、「ほけきょ庵」で陶芸に挑戦しました。

自分の好みの焼き色などを決めて、お皿やお椀の形に整えていくのですが、娘は粘土遊びのようだと言って楽しそう。

手先もなかなか器用で、味わい深い作品が2つ完成しました。

娘はその当時「ハリーポッター」に夢中だったので、器の側面にハリーのおでこにある傷(アルファベットのNを斜めにしたような傷)を刻んでいて笑えました。

私は何かを自分の手で作るのは好きだけど、得意ではないのでそれなりの出来です。

90日後に完成した器が届きましたが、想像以上の出来ばえに感動しました!

↑ 白い方が娘の作品で、茶色い方が私の作品。

あれ以来、洗い物のときに割れないように注意しながら大切に使い続けていて、今なお愛用中です。

陶芸体験が終わって、お昼までまだ少し時間があったので城ケ崎海岸へ行ってみました。

門脇の吊り橋を渡ると、真下には岩壁に打ちつける荒々しい波が見えてスリル満点です。

高所恐怖症ぎみの夫は、少し怖がっていましたが、私は全然平気で娘も何ともなさそうでした。

ランチは「庭カフェ」というお店で、美味しいホットサンドを頂きました。

緑がいっぱいのお庭にハンモックやツリーテラスがあったので、食事のあと、私は童心に返って娘と一緒に楽しんでしまいました。

午後は、大室山へ。

山の斜面すれすれを走るロープウェイが面白く、山の上からの景色も素晴らしかったです。

その次は一碧湖でボートに乗りました。

3人一緒に乗るのは無理だったので、夫と2人で乗ってもらいました。

普段私と娘は2人で1セットみたいなところがあるので、突然パパと2人というのは娘にとっては大きな挑戦だったようです。

「ママ、ずっと見ててね!」と不安そうに出発しました。

でも、いざ漕ぎだしてみたら、ボートを漕げない私と違って夫は上手だし、ボートからカモに餌をあげたりして楽しんで帰ってきました。

帰りの高速道路では火災渋滞に巻き込まれてしまい、秦野から横浜までを下道で走りました。

結局千葉に着いたのは22時でしたが、これも旅の思い出の1つです。

1泊2日の短い旅でしたが、娘は伊豆が大好きになったので、またいつか遊びに来たいと思います。