夏のおでかけ~鎌倉 2009

2009年の夏は、鎌倉に遊びに行きました。

姪が2歳で、私はちょうど妊娠初期であまり体調が整わなかったのですが、「旅行したい!」という気持ちが勝ってしまったので、無理しないことを肝に命じて出かけました。

やはり旅行は気分が上がりますし、鎌倉では、夫の健保組合の直営保養所「鎌倉倶楽部」に泊まったのですが、和風の造りが素敵でくつろげました。

お部屋は、ベッド2台の洋室と布団敷きの和室が合わさっていて、7人一緒に泊まれます。

私はベッドを使わせてもらい、義弟がエキストラベッドとしてソファで寝ることに。

鎌倉倶楽部から徒歩数分のところに、由比ガ浜があったので、チェックイン後にお散歩してみました。

外はとても暑くて気持ちが悪くなりそうだったので、由比ガ浜が見えるカフェで、海を眺めながら涼みました。

お茶のあと、妹家族は由比ガ浜で遊んだのですが、海水がまるでコールタールみたいな色で臭くて、浜辺も汚かったため、早々に鎌倉倶楽部に戻ってきました。

お風呂に入ってさっぱりしたあとは、豪華でボリューム満点の夕食を頂きました。

翌朝のご飯も美味しくて、家族の誰もが「保養所のイメージが全く変わったね~。普通の旅館やホテルよりずっと良いね!」と感心するばかりでした。

食事内容が充実していると、旅の満足度もアップするし、サービスなども行き届いていて本当に快適だったので、また利用したいと思いました。

2日目は、まず長谷寺を訪れました。

駐車場から歩いたり、長谷寺の境内で歩き回ったりして、暑さと湿気でしんどかったのですが、見晴らしの良い景色に疲れが飛びました。

でも、続けて次の場所へ向かうのはつらかったので、鎌倉オルゴール堂でお買い物をしたり、ソフトクリームを食べて休みました。

それから、鎌倉大仏のある高徳院へ。

長谷寺でだんだん体が重くなり、一旦休憩したものの、高徳院までの道のりは遠く感じられ、一歩の幅が狭くスピードも遅くて大変でした。

でも、大仏を目の前にしたら、あっという間に元気が戻りました。

大仏の中にも入りましたが、空洞になった胎内は、ひんやりとして気持ち良かったです。

次は、江の島にある「新江の島水族館」で遊びました。

かわいいお魚の展示や、賢いイルカのショーを見て癒されました。

2歳の姪もはしゃいで楽しんでいました。

私は午前中は少し体調不良でしたが、水族館やドライブで涼しいなかでゆっくりできたからか、午後からは元気に動けたので、帰り際にTDLに立ち寄って、アフター6パスポートを使って遊びました。

つわりで食欲不振気味のはずが、テンションが上がっているせいでピザをがっつり食べたり、待ち時間の少ない乗り物をいくつか楽しめたりして良かったです。

また、久々に見たナイトパレードがとてもキレイで興奮してしまいました。

多少無理はしてしまいましたが、特に体調が悪くなることもなく、楽しい思い出ができたので、娘が生まれたらまた鎌倉に来たいなと思いました。