キサラピア

翌朝は7時に目が覚めました。

昨日コテージに着いたときは、真っ暗で何も見えませんでしたが、朝は窓から自然豊かな景色が見えたので、爽やかな気分になれました。

↑ 夫が「夏は虫がいっぱいだろうね~」と言うので、それを聞いたら夏に来るのは嫌だなと思いましたが、秋の始まりくらいに来てみたいです。

↑ 玄関を出たところ。

高い木がたくさんあって、空気が気持ち良かったです。

↑ 私たち家族と姪が泊まったコテージ「つげ」。

↑ 私の両親と弟と妹と甥が泊まったコテージ「梅」。道路を挟んでお向かいでした。

↑ 朝食は、車でホテル棟に移動して、レストランで頂きました。

↑ バイキング形式を期待していた夫と娘はガッカリ。

和食御膳を見て、「食べるものない。」とぶつぶつ文句を言いながら食べていました。

↑ 私は、朝から豪華な内容のお食事に大満足!

アジ、かまぼこ、サラダ、アサリの佃煮、鶏団子と豆腐、煮豆、大根の酢の物、海藻のお味噌汁など、どれも美味しかったので、もちろん完食しました。

食後は、少しお部屋でごろごろし、10時にチェックアウトしたあとは、木更津へ。

キサラピアは、平日なのでガラガラに空いていて、1時間もあれば十分回れそうでした。

娘と姪は、まずブランコのような乗り物に挑戦。

↑ 姪はショートヘアなので、係員さんに「大きなお兄ちゃんは、」と言われて気分を害していました。

声も低くないし、ピンク色のスニーカーを履いていたのに、洋服が黒かったから、男の子に見えてしまったようです。

↑ これで1人¥400なのは、ちょっと高いですが、二人で「きゃ~!気持ちいい~!」と騒ぎながら楽しんでいました。

次は、ジェットコースター。

↑ ジェットコースターとは名ばかりの、子どもだましの乗り物でしたが、二人は「意外とスリルがあったよ!」と喜んでいました。

また、このジェットコースターは、VRメガネをかけて乗ることもできるので、2回目はそちらを体験してみたところ、とても面白かったようです。

でも、ジェットコースターは¥500、VR付きだと¥700。

乗り物代が高すぎで泣けます・・・。

↑ 甥は、大好きな汽車の乗り物に何回も乗りました。

最後に、皆で観覧者に乗りました。

シースルーというガラス張りの床になったものがあるということで、そちらに乗ってみたのですが、足元に地上の景色が見えて、私と娘は大興奮!

でも、私の母は苦手なので「気持ち悪い」と言って、手すりを握りしめ、景色を楽しむどころではありませんでした。

↑ 天気はそれほど良くなかったけど、アクアラインが見えました。

↑ 遊園地が小さく見えました。

↑ 4人で高い所に行ったといえば、2年前の台北101です。

そこにもガラス張りの床があって、やはり母は近づこうともしなかったことを思い出して、皆で笑いました。

↑ 最も高い所は60mだそうです。

60mといえば、最近皆で行ったディズニーシーのタワーオブテラーで、確かにこれくらいの高さから落とされたな~と恐怖を思い出しました。

↑ 甥は、始めは怖がったようですが、すぐに慣れてはしゃいでいたとのこと。

このあと、遊園地で遊ばずに隣のアウトレットにいた夫と合流し、皆でフードコートに行って、昼食を食べました。

私たち家族は、夏休みに食べたのと同じ「金子半之助」の天丼にしましたが、やはり大好きな味で、ぺろっと平らげてしまいました。

食後にお店をぶらついて、早めの時間に解散しましたが、楽しい小旅行になりました。