夏休みのおでかけ③

サツキとメイの家

私は名古屋に行ったら、愛・地球博記念公園にある「サツキとメイの家」を見学してみたいと思っていました。

「となりのトトロ」も大好きだし、自分の親戚の家を思い出す懐かしの昭和の建物や生活用品が忠実に再現されているのを見られるのは楽しみでした。

そして、この日は11時からの見学予約に間に合うように早めに名古屋市内のカフェに行ってモーニングで小倉トーストを食べる予定だったのですが、行きたい店はどこも行列で泣く泣く諦めるはめに。

8時にチェックアウトしたのに、どの店にも待つ人が10人位いるなんて想定外でした。

でも、名古屋から愛・地球博記念公園までどれくらいかかるか分からないので、名古屋でゆっくりするわけにもいかず、セブンイレブンで買った菓子パンを車の中で食べながら長久手へ。

長久手には9時半には着いてしまい、愛・地球博記念公園の駐車場を探す途中で「コメダ珈琲店」を見つけたのでやった~!と思ったら閉店していて、何だか二度も振られたような感じがしました。

それから、駐車場でしばらくスマホゲームをしたあと、少し園内を散策することに。

↑ 小高い場所に鐘がありました。

↑ 下にいる夫が小さい!だだっ広いのがよく分かります。

↑ 暑くてたまらないので、休憩所に行きました。

↑ 公園のスタッフが水鉄砲で遊ばせてくれて楽しかったです。

11時見学スタートで、10時45分に受付なのですが、休憩所から受付まで10分弱歩きます。

この日はうだるような暑さで、園内放送でもしきりに熱中症対策を促していましたが、3人とも見学前から限界に近いしんどさを感じました。

でも、ようやく「サツキとメイの家」に辿り着いたときはとても嬉しかったです。

↑ 「草壁」という表札があります。

↑ 前半グループと後半グループに分かれ、私たちは前半グループで最初の15分が建物内の見学、残りの15分が外側からの見学でした。

建物内は写真撮影が出来ない(外からは撮れる)ので、はじめの15分はあちこちをよく見て目に焼きつけました。

でも、名古屋に来る数日前に3人で「となりのトトロ」のビデオを観たので、よりトトロの世界に浸れたと思います。

隠し扉を開けると階段があって、上にまっくろくろすけがいるような感じがしたり、サツキとメイが階段を探して家の中を走り回るシーンが思い出されて、娘も「な~い!」と言ったりしてあちこち動きまわっていました。

娘はサツキのランドセルの中を覗けたのが面白かったようで、昔のノートや筆記用具を興味深そうに見ていました。

私は、アニメで見た通りのランプやちゃぶ台、お風呂や台所や縁側、お父さんの書斎などに加えて、箪笥や机の引き出しの中身がまたリアルで、アニメなのか現実なのか区別がつかなくなりそうでした。

↑ 書斎。

↑ 茶の間。

↑ 縁側。

↑ 台所。

天井は、まっくろくろすけが通ったということで黒っぽくしてあるそう。

↑ かんたの自転車。

↑ 井戸。実際にお水が出ます。

↑ 中にトトロがいそう。

↑ 柱もボロボロっぽく作られていますが、もちろん押してもぐらぐらしたりはしません。

↑ スタッフのお話では、季節ごとに衣替えをしたりしつらえも変えたりするそうで、15分の見学時間はあっという間でしたが見応えがありました。

ただ、暑さのせいで私のスマホのカメラ機能がおかしくなり、撮りたい写真が満足に撮れなかったことは残念でした。

浜名湖SA

サツキとメイの家を見学したあとは、一路千葉へ。

途中の浜名湖SAは、大きな浜名湖がよく見えて遊覧船にも乗れるので、昼食をとりつつゆっくりすることに。

↑ 天気が良かったので、浜名湖はキラキラしてとてもきれいに見えました。

浜名湖の次は海老名まで一気に行くことにして、車中ではずっとMIYAVIのCDを流しました。

というのも、夫との約束で吉川晃司ライブが終わるまでは吉川晃司以外のCDは一切聴けなかったのです。

でも私は、9日に渋谷のタワレコで買ってもらったMIYAVIを早く聴きたくてたまらなかったので、帰りのドライブはテンションが上がりまくりでした。

↑ 娘がDAOKOさんのラップを上手に真似するので、夫と爆笑!

↑ 往路は夜で富士山が見られなかったので、復路はぜひ見たいと思っていたら御殿場あたりでばっちり見えて嬉しかったです。

海老名SAに寄ったりしながら千葉の自宅に着いたのは22時過ぎで、運転し続けた夫はくたくただったと思いますが、楽しい旅行になりました。

コメダ珈琲店

名古屋旅行で叶わなかったモーニングの小倉トースト。

半年くらい前、私は妹にすすめられて小倉トーストが大好きになったので、夫には「はいはい、それ食べないと名古屋旅行が完結しないんでしょ」とからかわれましたが、後日近所のコメダ珈琲に行きました。

↑ たっぷりバターを塗って、上にあんを乗せて食べるという希望が叶って大満足!

↑ とても美味しくて、6枚切2枚をぺろっと平らげてしまいました。

↑ コーヒーを飲めない娘が頼んだのは「コーヒーシェイク」。

甘くて美味しく、容器も可愛かったです。

いつかまた名古屋に行くことがあったら、今度は本場でモーニングの小倉トーストを楽しみたいと思います。