夏のおでかけ~四万温泉 2013①

2013年の夏に、家族旅行で四万温泉へ行きました。

妹が「千と千尋の神隠しのモデルになった旅館があるみたいよ。」と教えてくれて、調べてみたら「積善館」だと分かりました。

積善館は元禄時代に建てられた湯治宿で、近隣の観光も含めて温泉や食事が楽しめそうなので、皆で行ってみることにしたのです。

高崎パスタ

高速道路の渋滞と長距離ドライブで少々疲れた頃、高崎に着いたので、ランチにパスタを頂きました。

高崎市はパスタ店が多いことで全国的に有名らしく、市内のあちこちに美味しいパスタ店があるようです。

↑ 「SHANGO」のパスタは、味も美味しかったのですが、そのボリュームの多さに驚きました。

高崎だるま

高崎はだるまでも有名なので、「大門屋」で絵付け体験をさせてもらいました。

お店の中に入ると、大小さまざまなだるまが置いてあります。

絵付け体験の際には、職人さんの迷惑と邪魔にならないよう、私語をつつしんだり話し声を小さくして、職人さんの話をよく聞いて、手の動きをよく見ました。

それぞれ好みのだるまを選んで、願いを込めつつ片目を入れる作業に挑戦しましたが、「黒目の大きさや位置や濃さなど何一つ同じものはなく、描いた人の個性が出る。」という職人さんのお話どおりでした。

積善館

四万川沿いに昔ながらの温泉宿がいくつもあるのですが、積善館は荘厳さが別格で圧倒的な存在感があります。

↑ 宿に向かう赤い橋も、千と千尋の神隠しのモデルの1つになったとか。

↑ フロント。趣があって素敵です。

↑ 私たちはエアコンのある部屋をチョイス。壱番館というコンクリート作りの建物で、一番奥の部屋まで赤い絨毯が敷かれた狭い廊下を歩きます。

↑ 基本的に全てセルフサービスで、バストイレも共同スペースのものを使います。

↑ フロント横の階段を上り、自販機のある休憩スペースを越えると、両親と妹家族の部屋があります。

↑ 広さも十分だし、窓を開けているだけでひんやりした風が入ってきて涼しいので、クーラーがなくても問題なさそうです。

むしろ、私たちの部屋のほうがクーラーがあっても暑い感じでした。

夕食前には、積善館のご亭主が館内の案内をしてくれるツアーに参加しました。

「千と千尋の神隠し」のモデルになった場所やエピソードなどをお話ししてくれて、とても面白いツアーだったのですが、娘が眠気でグズグズになってしまったので、私と娘だけは途中で席をはずすこととなり残念でした。

↑ 千尋が走ったりしていそうな、アニメそっくりの場所です。

↑ 室内もそっくりで、千尋が飛び出してきそうです。私も自分の目で見たかった!

↑ 館内の廊下(お風呂に向かう)も、まるでトンネルのようになっていたりします。ここも、アニメのモデルになったと言われています。

↑ 夕食は広い座敷で頂きました。

胃に優しい味で、決して子ども向けではなさそうなのに娘も姪も「美味しい!」と言ってぱくぱく食べました。

私は和食が大好きなので大満足でした。

お風呂でさっぱりしたあとは、「ちょうちんウォーク」の散歩を楽しみました。

日中は30度以上の気温で暑かったけど、夜はだいぶ涼しくなっていました。

近くの温泉宿の宿泊客が集まって、浴衣でちょうちんを手に温泉街をぶらりと1周するのですが、タイムスリップしたような景色の中を歩いて、昔ながらの遊技場や駄菓子屋などをめぐるのも楽しかったです。