シンガポール旅行 2001.APR

2001年4月に、妹と二人でシンガポールに行きました。

妹が、秋からワーキングホリデーでパリへ行くことになっていたので、「1年間は会えなくなるから、その前に旅行しよう!」となって、格安の弾丸ツアーを見つけたのです。

1日目は、18時半発のフライトで何もできませんでしたが、2日目の午前中に、ツアーバスで市内を巡りました。

↑ 有名なマーライオン公園。

思ったよりもこじんまりとしたサイズのマーライオンで、「え、こんなに小さいの?」と拍子抜けでした。

↑ マウントフェーバー。

見晴らしが良かったのですが、30度以上の気温と高い湿度で、外にいるのがとてもつらかったことを覚えています。

他に、植物園にも行きました。

↑ 観光が終わって、いったんホテルへ。現地係員さんと。

午後は、まずリトルインディアを散策しました。

↑ 奇抜というかカラフルな寺院があり、中に入ってみると、サリーを着た女性が沢山いました。

↑ サリーを売っているお店もあったので、好みのものを試着させてもらって、それぞれ1着ずつお買い物。

もちろん、値切って安く買いました。

次は、ブギスヴィレッジへ。

↑ 雑貨や食品や衣料品などが売られていて、地元の人で賑わっていました。

値段もとても安そうでしたが、私たちは特にお買い物はせず。

とにかく暑くて、10分以上外にいると体がおかしくなりそうだったので、なるべくカフェで涼んだりして過ごしました。

↑ サンデーが冷たくて美味しかったです。

夕食は、マレーヴィレッジへ行って、マレーダンスの鑑賞をしながら広東料理を頂きました。

↑ ダンサーの人たちと。

翌日は、メトロに乗ってセントーサ島へ行きました。

セントーサ島に行くためにロープウェイに乗るのですが、結構高い&長いので、高所恐怖症の妹は怯えてひきつっていました。

私は何ともないというか、むしろ楽しくてワクワクするので、怖がる妹の姿が可笑しくてたまりませんでした。

↑ マーライオンタワー。

こちらのマーライオンは、とても大きくて、シンガポールのシンボルという感じがしました。

↑ タワーの中にも入れます。

ちょうど口の部分からは、きれいな景色が見えました。

↑ マーライオンウォーク。

↑ ヴォルケーノランドというところで、ショーを観ました。

セントーサ島で遊んだあとは、チャイナタウンを散策して、飲茶レストランで昼食をとりました。

↑ チャイナタウンは、リトルインディアと似た雰囲気もあり、色々なものがミックスされて、造りも色合いも独特な感じでした。

また、飲茶レストランでは、私の拙い中国語でも通じたので、妹に感謝されて嬉しかったです。

それから、クーラーの効いたショッピングセンターでお買い物をし、最後の夕食は「コピ・ティアム」というレストランでニョニャ料理を頂くことに。

ニョニャ料理は、シンガポールの郷土料理で、中華系の食材とマレー系のスパイスを使ったものです。

私も妹も、初めて挑戦しましたが、特にクセもなく美味しく頂けました。

↑ デザートも甘くて美味しかったです。

↑ 最後の晩は、ホテルで荷作りをしながら、リトルインディアで買ったサリーを着たり、ショッピングセンターで見つけたサロンケバヤを着て写真を撮りました。

あれから18年経って、マリーナベイや魅力的なスポットも沢山できたので、またいつか行ってみたいなと思います。