タイ旅行 2007.DEC

妹と二人でタイへ行ってから5年後、今度は夫と二人でタイへ遊びに行きました。

妹と夫は、少し性格が似ていて、夫も妹と同じく、衛生面などで東南アジアへ行くのは気が進まなかったようですが、私がいかに楽しいところか説得して、半ば強引に連れて行ってしまいました。

そして、旅程も殆ど同じものにしたので、私はより案内しやすかったし、もう一度楽しみたいところが沢山あったので、2回目でも全然いやではありませんでした。

バンコク市内観光

まず、2日目の午前中は、ロングテイルボートでチャオプラヤー川をクルーズし、魚に餌やりをしたあと、ワット・アルン、ワット・ポー、ワット・プラケオ&王宮の見学をしました。

↑ 餌やりは楽しかったです。

↑ ワット・アルン。

色鮮やかなタイル装飾を間近で見ると、本当に気の遠くなるような作業に思えて、5年前と同じ感動を味わいました。

↑ ワット・ポー。

↑ ワット・プラケオ&王宮。

きらびやかな装飾の建物は、やはり何度見ても飽きませんでした。

それから、バンコクセンターホテルでランチを頂き、民芸品店やDFSに連れていかれてお買い物をして解散。

ニューハーフショー

夕方、ラチャダー・キャバレーに行って、ニューハーフショーを見ました。

本当は、5年前と同じMANBOに行きたかったのですが、夜に別のことをしたかったので、夕方にショーが見られるラチャダー・キャバレーに行ってみたのです。

ショーは、笑い溢れるパフォーマンスで楽しく、終了後のチップと写真撮影もしました。

↑ 帰りは、トゥクトゥクに乗ってホテルに戻りました。

私は久々に乗って、スリルと快感を思い出し、夫は初めて乗って、最初は怖かったようですが、すぐにドライバーさんとも仲良くなって、「おもしれ~!」と気に入っていました。

サイアム・オーシャン・ワールド

3日目は、サイアム・オーシャン・ワールドという水族館へ。

足元がガラスになったボートに乗ったり、ガラス天井のトンネルみたいな水槽から大小さまざまな魚を見たりしました。

タイの民族衣装

それから、スタジオ・カンサイというお店で、タイの民族衣装を着て写真撮影。

 

↑ 濃い顔の夫は、こういうのが本当に似合います。

本人は全く喜びもしていませんが、のちに写真を見た人が皆「似合いすぎ!」とか「タイ王子」とか言うし、私もその通りだと思うので、もっと楽しんでくれたらいいのにな~と思います。

アユタヤ遺跡

午後には、交渉してタクシーを格安で貸し切り、アユタヤへ向かいました。

夫が、そこまでじっくり見なくて良いとのことだったので、ワット・ヤイ・チャイモンコンのみに絞って、今回はエレファントライドに挑戦してみました。

↑ 大きなゾウに乗って、遺跡のなかを散歩するのは気持ち良かったです。

パッポン・ナイトマーケット

夕方からは、「ホック」というレストランで夕食にフカヒレを頂き、賑やかなパッポン・ナイトマーケットでお買い物を楽しみました。

4日目は、BTSに乗って、ウイークエンド・マーケットへ。

↑ ホテルのすぐそばにあるお店の看板の「M」の文字が、千葉ロッテマリーンズの「M」とそっくりで驚きました。

↑ 5年前と同じように混雑していましたが、お目当てのものはなかなか見つからず、イマイチな感じに変わっていました。

市場のあとは、「日本海」で和食のランチを頂き、サイアムやサラデーンを散策し、夕方には再びパッポン・ナイトマーケットへ行きました。

そして、最後の夕食には、5年前に感動したレストラン「マンゴー・ツリー」を選び、そこで美味しいタイ料理を頂いて、民族舞踊とともに贅沢なひとときを過ごしました。

あっという間の5日間でしたが、2回目のタイもとても楽しかったので、またいつか遊びに行きたいです。

↑ ホテルのロビーで。

↑ 空港で。