奄美大島1泊2日の旅①

バニラエア

私は大の旅行好きで、飛行機のマイルをうまく貯めては無料航空券にかえています。今回も、マイル残高を調べていたら有効期限が迫っているものがあったので、14、15の土日で予約の取れる便を探してみました。

すると、バニラエアの成田⇔奄美大島が、往復共に4席ずつ空いていたので、ANAのマイルを使ってすぐに座席をおさえ、宿もレンタカーもネットで予約をしました。

でも、12日の午後から夫が急性腸炎にかかったり、土日の天気が大荒れとの予報だったり、チェックインカウンターでは接客態度の悪いスタッフに当たったりと、なにやら不穏な空気が漂うなかでの出発となりました。

サービスって、受ける側と提供する側に優劣はないし、喜びを分かち合うのがその醍醐味だと思うのに、そのスタッフは、不愛想でつっけんどんで偉そうな態度を示し、こちらが腹を立てた途端に掌を返してへつらい、上司に丸投げしたのはいいけど引き継ぎできていなくて、二度手間三度手間の搭乗手続きになってしまいました。

同じようにバニラエアの無料航空券を使って、3年前に香港に行ったとき、こんなひどいスタッフはいなかったので、とても残念な気持ちになりましたが、上司の男性が誠意ある対応を示してくれたのが救いでした。

気を取り直して飛行機に乗り、機内では、香港へ行ったときに大好きになった「バニラエア特製とろ~りクリームパン」をもう一度購入し、今回は春限定のイチゴクリーム味もあったので、雑炊やビーフシチューと合わせて機内食もどきを楽しみました。

CAさんは、感じ良くてキレイで、娘との写真撮影にも快く応じてくれました。

 

奄美レンタカー

奄美大島を巡るのにレンタカーは欠かせません。奄美レンタカーのスタッフの男性に「奄美ナンバーを写真に撮ると良い記念ですよ。」と言われ、そうだなと思ってシャッターを押しました。

渚のゲストハウス奄美ロングビーチ

航空券が無料なので、宿もできるだけ安くと思い、ゲストハウスを選びました。最近、娘が二段ベッドに寝てみたいとよく言っているので、二段ベッドのある部屋にしてみました。

奄美ロングビーチは、レンタカーのナビに出てこなくて、たどり着けるか心配だったけど、道の途中に案内があって大丈夫でした。

チェックインすると、オーナーの健おじさんが「明日は雨だから、ビーチは今日のうちに見ておいた方が良いよ。」と教えてくれたので、早速ビーチへ。

泊まる部屋の窓からは、ビーチが見えます。 ↑

天気がそれほど良くなくても、エメラルドグリーンの海の美しさがよくわかります。砂が白くて、水の透明度が高くて、同じ日本とは思えません。

夏はもっときれいでしょうが、この日は日焼けや大汗をかく心配もなく海を堪能できて、私には十分でした。