沖縄3泊4日の旅① 2012.JUN

6年前、当時2歳だった娘を連れて沖縄に行きました。

国内線だと、2歳までは座席なしなら無料で飛行機に乗れるので、一番南の沖縄と一番北の北海道に行くことにしたのです。

でも、6月はじめの沖縄はまだ梅雨明けしていないし、更に運の悪いことに台風が来ていたため、羽田に戻るかもしれないという条件付きで出発となりました。

娘は、搭乗直前に眠気のピークが訪れてグズグズになり、「おうちに帰る!」と大泣きになったのですが、私の妹に電話をして妹に励まされたところ機嫌が直り、離陸と同時に夢の世界へ。

機内からは特大の富士山が見えて感動しましたが、那覇空港に着陸する際は強風でグラグラ揺れて、ものすごく怖かったです。

無事に那覇に到着できて喜んだのも束の間、娘が家から持参したぬいぐるみを紛失してしまい、すぐに各所に問い合わせて探してもらったのですが見つかりません。

私は、娘が大騒ぎしそうで内心ドキドキしていたのですが、それは夫も同じだったようで「残念だったけど、新しいお友達はどう?」と言って西表ヤマネコのぬいぐるみを買ってあげたのです。

すると娘はそのぬいぐるみを気に入って、なくしたぬいぐるみと同じ「ララちゃん」という名前を付けて早速かわいがってくれました。

沖縄は、台風といってもさほど雨は強くなく、ホテルのある北部までのドライブも普通でした。

途中の名護の海は2009年に見たときよりはグレーだったけど、3年前の旅を懐かしく思い出しました。

山原家

クーポン冊子で見つけた鉄板焼きのお店が名護にあったので、そこで夕食を頂きました。

鉄板で料理するときに、食材や食器や調理器具を使ってパフォーマンスをしてくれて、見ていて楽しかったです。

味も美味しくて、娘もぱくぱくと沢山食べました。

娘が、食後に車でホテルに向かう間もずっと「おにーさん、こうしてこうしてやってた」と手振りの真似をするのが可愛く、夜は布団の中でも「コックさま、ブツブツ・・・」と一人でなにかお話ししていました。

ホテルゆがふいんBISE

2009年に泊まった宿と姉妹ホテルのような感じで、設備やインテリアなどがそっくりでした。

ホテルというよりコンドミニアムで、広さも十分あって快適です。

梅雨のせいなのか台風のせいなのか、とにかく湿気が多くて不快でそれだけで疲労感があったけれど、クーラーの効いた部屋でくつろげたので皆で早めに寝ました。