スイス旅行④ 2017.JUL

ヨーゼフとの出会い

藁ベッドの宿に感動して山登りの疲れが吹き飛んだので、荷ほどきしてすぐに近くのハイジドルフ(ハイジ村)に出かけました。

↑ 鍵はないけど、一応しっかりとドアを閉めて出発。

↑ 1階にバスルームがあります。

↑ お庭の木にブランコが吊るしてありました。アニメのオープニングの歌で、ハイジが高い木のブランコに乗っているのを見て憧れていたので、同じ気分を味わいながら、しばらくこいでいました。

↑ 近くの民家の広い庭に、大きな犬がいたのでご挨拶。勝手に、ハイジのアニメに出てくる犬と同じ名前(ヨーゼフ)で呼んでいました。

娘は幼い頃から犬が好きで、大型犬でも全く怖がらずになでてあげたりして、夫の実家の犬も可愛がっていました。

でも、何を間違えたのか、急に庭を走りだしたので、一緒に遊んでもらえると思ってヨーゼフが追いかけ始めたのです。

突然のことに娘はパニックになり、泣き叫びながら鉄砲玉の勢いで庭を走り抜けました。

私は、犬に襲われるとは思わなかったのですが、娘が犬に追いかけられているのを見るのは少し怖くて、でも、娘のあまりの足の速さに可笑しさを堪えたりもしました。

↑ これ以上は追われないとわかって、疲れた表情で私のもとへ。

「ヨーゼフは、かまってもらえると思って喜んでついて来たんだよ。」と言ったら「そうだったんだ、ごめんねヨーゼフ・・・。でも、私はこわかったの。」とぽつり。

ハイジドルフ(ハイジ村)散策

気を取り直してハイジドルフへ。

まずは、「ペーターの家」です。ここには、木の遊具がいくつかあって、雄大な山の景色を見ながら遊べます。 ↓

次は、「冬の家」です。中には、ハイジの世界が再現してあります。 ↓

↑ アニメのワンシーン(ハイジがペーターを驚かせる場面)を思い出す階段。

↑ クララの車いす。

↑ サウジアラビア人の女の人と仲良くなりました。

ハイジドルフは、ちょっとした広場というか公園のようになっていて、子どもも大人も楽しめます。

遠くを見れば山が連なっていて、眼下にはこじんまりとした村が見えて、自分の日常生活とかけ離れた景色に見とれてしまいました。