GWのおでかけ②みなとみらい

カップヌードルミュージアム

14時半からカップヌードル作りの予約をしていたので、中華街をあとにして、みなとみらいへ。次は、カップヌードルミュージアムで遊びます。

まずは、おなじみのパッケージにお絵描き。専用のペンを使って好きな絵や文字を描いていきます。

↑ 私は、チキンラーメンのひよこちゃんを描いてみました。

↑ 友人の絵のタッチと色使いは、見る人の心を楽しませてくれます。

お絵描きが済んだら、トッピングカウンターへ進みます。

カップに麺をセットするために、ハンドルを2、3回まわします。

しょうゆ、シーフード、カレー、チリトマトの4種類から好きなスープを選び、12種類の中から4つ好きな具材を選びます。

それから、フタをするのと包装する工程を、ガラス越しに見学します。

↑ カップヌードルが出てきました。

↑ 熱で包装するので、ほかほかに温まっています。

最後に、エアパッケージをして完成です。

館内には、体験コーナー以外にも、遊びや見学のスペースがありました。

↑ 面白いオブジェ

↑ 研究小屋

↑ トリックアート

↑ 5階のデッキからは、きれいな景色が見えます。風も心地よかったです。

オービィ横浜

カップヌードルミュージアムで遊んだ後、同じみなとみらいにあるオービィ横浜へ行きました。

そこは、迫力ある映像を見たり、小さな動物と触れ合ったりできる施設で、夜まで営業しているので、最後のお楽しみとして張り切って向かったのですが・・・

受付のスタッフによると、中はものすごい混雑で、アトラクションの待ち時間が90分とか120分だというのです。

ですから、大人は諦めて、子どもたちだけ入場料プラス1つのアトラクション料金を支払うことにしました。

一日遊び倒して、横浜から千葉へと帰る電車に乗ったのは19時過ぎでした。

車内では、親子で心ゆくまでお喋りし、夏休みの再会を約束してバイバイ。

私たちはお互い旅行好きなのですが、今年行きたい場所が同じロンドンで、その中でも一番の目的がハリーポッタースタジオということまで一緒で、本当に驚きました。

ですから、夏休みに会うときには、お互いきっとロンドンのお土産話ができているはずなので、それも楽しみにしたいと思います。

 

※5月3日の昼食に「世界に一つだけのオリジナルカップヌードル」を頂きました。私は、チリトマト味にひよこちゃんナルトと、モッツァレラチーズと、コーンとインゲンをトッピングし、本来のものより好きな味になっていました。

娘の、しょうゆ味+ナルト、ネギ、ガーリックチップ、モッツァレラチーズも、不思議な味で美味しかったです。